本文へスキップ

魚沼産コシヒカリ農家直売|ギフト・5kg10kg-30kg年間配送|魚沼産コシヒカリ.com

  1. 魚沼産コシヒカリ農家直売
  2. 南魚沼産コシヒカリ

南魚沼産コシヒカリdetail

南魚沼産コシヒカリのご紹介

南魚沼産コシヒカリのご紹介

南魚沼産コシヒカリとは


南魚沼産コシヒカリとは魚沼コシヒカリの生産地域の中で南部に位置する、南魚沼郡湯沢町、南魚沼市で収穫する魚沼産コシヒカリが南魚沼産コシヒカリです。

当魚沼産コシヒカリ.comで販売しているのは魚沼の中でも最南部の南魚沼産コシヒカリです。

どうして南魚沼産コシヒカリが美味しいのか。それは魚沼産コシヒカリの生育環境、魚沼産コシヒカリの水質、魚沼産コシヒカリの土壌があります。日本全体で魚沼産コシヒカリの割合はわずか2%程。以前魚沼産コシヒカリの偽物といった魚沼産コシヒカリに中国産米やほかの国産の米を混ぜて販売していたというニュースがありましたが、そういったものとは異なる本物の魚沼産コシヒカリを是非召し上がっていただければと思います。
南魚沼産コシヒカリとは

南魚沼産コシヒカリ新米

南魚沼産コシヒカリの新米は特におすすめです。日本一とも呼ばれる魚沼産コシヒカリの中でも南魚沼産コシヒカリは大変人気があります。→南魚沼産コシヒカリ新米

南魚沼産コシヒカリ-谷川連峰水系

谷川連峰から集まる雪解け水はやがて魚野川となり魚沼産コシヒカリの水田にその豊かな水と栄養をもたらします。魚沼産コシヒカリの美味しい理由にその水質を挙げていますがこの谷川連峰から流れ出す栄養こそ南魚沼産コシヒカリを美味しく育てる要因の一つではないでしょうか→南魚沼産コシヒカリ-谷川連峰水系

新潟県南魚沼郡のコシヒカリ

南魚沼というのは南魚沼郡湯沢町、新たに南魚沼市に合併した塩沢町などを指すもので、南魚沼市限定というわけでは決してありません。南魚沼地域で自然にはぐくまれたコシヒカリが南魚沼産コシヒカリなのです→新潟県南魚沼郡のコシヒカリ

越後―南魚沼の米

戦国時代には上杉謙信が越後の龍として大変有名でしたが、越後というと現在では越後の米、越後製菓や、越後の米菓が有名でこれは新潟県が美味しいコメの産地で、米を使用した料理、菓子などが全国に普及している為です。新潟というとお米とすぐに連想できる方も多いでしょう。ただ全国で食されているお米を使ったお菓子や料理は新潟県の下越地方のものが多く、魚沼のお米はやはりお米としてのみ使用されることが多いようです→越後-南魚沼の米

南魚沼産コシヒカリの自然

南魚沼は新潟県の山間部、山間の市町村です。山々が近いことから様々な動物が現れたり、たくさんの雪が降ったり、そして昼夜の寒暖差がとても激しく、南魚沼の田植えはとても厳しいものです。魚沼付近でキャンプをするとよくわかるのですが夏の暑い日でも朝方にはテントの中までびっくりするくらい寒くなるのです。南魚沼地域にはたくさんの山々があり、苗場山や八海山といったスキー場やお酒などで有名な名峰があります。特に湯沢町ではスキー場が大変多く、湯沢高原や岩原、ガーラ湯沢、神立、越後中里、みつまた、かぐら、苗場など多くの有名スキー場があり、全国各地から多くのスキーヤーが訪れます。→南魚沼産コシヒカリの自然

南魚沼産コシヒカリの収穫

昔の稲作を考えるとやっと収穫できるこの稲の色を見て、きっと食べ物に不自由をしていた時代の人たちは金よりも価値あるものとして大事に大事に育てたのではないでしょうか。稲を育てる農家も一朝一夕ではできないこの魚沼産コシヒカリの育成を一年を通して行いますので、この自然の稲の色はやはり輝く黄金色に見える気がします→南魚沼産コシヒカリの収穫

みなみうおうまコシヒカリの収穫時期

南魚沼産コシヒカリの収穫の時期。それは夏が終わりぎっしり詰まった稲穂が垂れる時期です。これが終わるとまた極寒の冬の季節がやってきます。植木や各家に雪囲いを施す準備が始まります。しかしこの稲刈りの日ばかりは家族や親せき地域の人々が一斉に南魚沼産コシヒカリ田畑で稲刈りを行い、同時に一年間の労をねぎらうのです。やはり日中は暖かくても夕方になると厳しい寒さがやってきます。稲刈りの最中雨や台風などがやってこない日を選びながら収穫が迅速に行われます→みなみうおぬまこしひかり収穫時期


魚沼産コシヒカリ新米農家直送ギフト



ギフト・プレゼント・お歳暮・敬老の日に、魚沼産コシヒカリをギフトとして是非ご利用ください。熨斗をお付けし魚沼農家直送いたします。
魚沼産コシヒカリギフト

魚沼産コシヒカリ新米農家直送。谷川連峰水系魚沼産コシヒカリの限定米。
魚沼産コシヒカリ農家直送

魚沼産コシヒカリ新米

HOME→魚沼産コシヒカリ農家直売

newpage1.htmlへのリンク