本文へスキップ

魚沼産コシヒカリのご紹介。南魚沼産コシヒカリ限定米5kg10kg〜30kgを農家直売

おすすめのお米の炊き方

お米の炊き方-魚沼産コシヒカリ.com

お米の炊き方

@計量

計量カップで正確に量りましょう。

Aお米を研ぐ

お米がぬかの臭いを吸収しないよう、1回目は長く研がず、10秒程度で水を捨ててしまいます。
米どうしをこすり合わせるように研ぎます。体重をかけたり、力を込めたりせず、30回程度白く濁った水が出てきたら水を勢い良く加え、全体を2,3回かき回して捨てます。これを2〜3回繰り返し、水を替えても濁り具合が変わらなくなったら研ぎ上がりです。水が透明になるまで研ぎ続ける必要はありません。 

B水に浸す

酵素の活性化、アクの排出の為30分以上水に浸しましょう。

C水加減

お米に対して1.4倍を目安にしてください。3合(450g)を炊く場合は630cc、5合(750g)を炊く場合は1050ccです。ただし新米や精米したてのお米は比較的水分を多く含んでいますので、水は少なめに。
古米や精米してから時間が経ったお米にたいしてはやや水を多めに炊くとより美味しく召し上がれます。どちらの場合もお米に浸透しやすい軟水を用いると、さらにお米に弾力が出ます。

D炊く

炊飯釜の方がほとんどだと思います。良い炊飯器が沢山出ていますが、しっかりお米を蒸す事が出来、お米の表面の余分な水分を飛ばすことの出来る火力の強い炊飯器がおすすめです。

E蒸らす

必ず炊き上がってから15分程度蒸らしてください。蒸らし足りないとお米に芯が残り、食感に大きな影響を与えます。

Fほぐす

ほぐすことにより無駄な水分を飛ばし、お米に空気を当てることにより歯ごたえがしっかりします。お釜の底から上下を入れ替えます。こねないよう、切るように混ぜましょう。すぐに食べない場合でも蒸らしたあとは混ぜておくと良いでしょう。

G保温

電子ジャーの機種によって保温時間は異なりますが、いずれも長時間の保温はご飯の変色や臭いの元になります。
なるべく必要な分だけ炊くようにしたほうが良いでしょう。それでも残ってしまった場合はジャーの中に耐熱性の器の中にコップ一杯程度の水を注ぎ、器が倒れないよう、ご飯の真中に入れておくと、比較的ご飯の美味しさを保つことが出来ます。


バナー

myページ 新規会員登録 カートの中を見る 魚沼産コシヒカリ.com
魚沼農家魚沼産コシヒカリの風景

魚沼産コシヒカリ.com

〒949-6103
新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽3312

TEL 025-787-3901
FAX 025-787-5253

通常のお問い合わせ・ご連絡は下記のメールにて承っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせメール

お買い物方法