本文へスキップ

魚沼産コシヒカリのご紹介。南魚沼産コシヒカリ限定米5kg10kg〜30kgを農家直売

産地

  1. HOME
  2. 魚沼産コシヒカリとは
  3. 産地

魚沼産コシヒカリの産地

魚沼産コシヒカリ産地

魚沼産コシヒカリ産地の気候

魚沼産コシヒカリ生産地の気候は、関東が晴れなら新潟は雨といわれるほど、冬の天気予報はいつも雪。魚沼産コシヒカリ生産地域は豪雪地帯としても全国有数の地域です。しかしながら夏季には晴天日が多く、対馬海流の影響を受ける日本海気候の地帯。さらに魚沼コシヒカリは生産地が1000メートルを超える山々に囲まれた非常に幅の狭い盆地であるため、気温の日較差が大きく、稲の消耗が少ないことから、でんぷんの蓄積条件が大変優れ、良質米が育成される。登塾期間の平均気温はコシヒカリの最適登熟気温(24度)に近い地域のため、食味に由来するアミロース含有率が低く抑えられ粘りが増します。

魚沼産コシヒカリ新米をはぐくむ産地

魚沼産コシヒカリの新米を召し上がったことはありますか?古米でも特別おいしいといわれる魚沼産コシヒカリですが、やはり新米の味は別格です。新米の旨味が凝縮され、厳しい冬を越え、豊かな大自然の中で育った稲穂。一粒一粒に大自然がぎっしりつまった白米。
お米の白色は本当に美しく輝いています。生産農家からしましても精一杯、一年を通して一生懸命育てたお米と実感していますので、皆様に自信をもっておすすめしたいと思います。
しかし魚沼産コシヒカリ.comの新米は収穫時期が遅くなります。魚沼産コシヒカリ.comの新米は、全国の収穫時期の早い他種の新米がスーパーなどに並び、少し遅れて魚沼産コシヒカリの新米が販売されはじめたころ、ようやく魚沼産コシヒカリ.comの新米の稲刈りが始まります。
これは冬に2メートルをも超える雪が田畑を覆うため、田植えの時期が遅れるためです。早春の冷気が緩み、積もった雪が小川に流れ出すのを待たなければなりません。寒暖差の激しい山間の高地生産のため収穫が他地域より遅くなりますが、その分自信をもって、特別な環境で育った『谷川連峰水系魚沼産コシヒカリ』を皆様にお届しております。


魚沼産コシヒカリを育む水質
魚沼産コシヒカリの豊かな土壌

魚沼産コシヒカリとはのTOPへ戻る


HOME

バナー

myページ 新規会員登録 カートの中を見る 魚沼産コシヒカリ.com
魚沼農家魚沼産コシヒカリの風景

魚沼産コシヒカリ.com

〒949-6103
新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽3312

TEL 025-787-3901
FAX 025-787-5253

通常のお問い合わせ・ご連絡は下記のメールにて承っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせメール

お買い物方法