魚沼産コシヒカリのおすすめとは
コシヒカリ詳細

コシヒカリの写真です。

コシヒカリの田植え機 コシヒカリの環境 コシヒカリの田植え風景

コシヒカリの由来

コシヒカリとは日本のお米・イネの品種名です。コシヒカリの名称の由来は昔北陸や新潟地方を越前、越中、越後と呼んでいましたがこの「越の国々」と「光」から「越の国に光り輝く」という願いを込めてつけられたのが名前の由来です。新潟はその昔越後の国と呼ばれ、越後の龍と呼ばれる戦国最強と言われる上杉謙信も越の国・新潟の戦国大名として全国で有名な武将です。
コシヒカリの特徴は米の粘りが強く適度なかみごたえがあり食味に大変優れる品種です。しかしコシヒカリは生育過程で稲が倒れやすく、台風などの影響や、稲穂が重くなると倒れ水田に接触することに当魚沼農家でも細心の注意を払っています。

コシヒカリの環境

コシヒカリの中でも生育に対して恵まれる環境が整った、超高級ブランド米として取り扱われているのが魚沼産コシヒカリです。これにはコシヒカリを栽培する自然環境がその食味に影響を与えていることが推察されます。近年では世界で日本食ブームもありアメリカのカリフォルニア州でもコシヒカリの栽培が行われています。またコシヒカリは新潟県のみではなく、全国で生育が行われている品種でもあります。中でも新潟県、そして魚沼地方はコシヒカリの環境として恵愛を受けているのではないでしょうか。

コシヒカリの栽培

コシヒカリは田植えから稲刈りまでほかの作物と同様愛情込めて生育します。魚沼では春の雪解けを待って耕起をしまだ低温の山から流れる雪解け水を流れの速い用水路から水田にひき、しろかきを行い、水田の土を平らにした後コシヒカリの田植え機で田植えを行います。現在はこの田植え機も様々な機種があり発展を遂げています。コシヒカリの栽培にはなくてはならない存在になりましたが稲刈り機と同様機械では植えきれない箇所、稲刈りできない箇所は人間が長い田植の長靴をはいて泥の中に入り手作業でコシヒカリの苗を植えます。コシヒカリの水稲農業を行うコシヒカリの田植え風景は例年の大切な栽培行事でもあります。コシヒカリの栽培は山形県・福島県・群馬県・長野県・山梨県などをはじめ鹿児島や宮崎県でも早期栽培用の品種としても使用されています。

コシヒカリの産地直送

おすすめの魚沼産コシヒカリへ戻る

HOME→魚沼産コシヒカリ農家直売